専門看護師 給料

専門看護師とは

専門看護師という言葉を聞いたことがありますか?
ある分野において卓越した能力を持っている人のことを言います。
この専門看護師になるのには認定を受けなければならないので、専門看護師になるのは簡単なことではありません。

 

また専門看護師になった後も五年ごとに更新をしなければなりません。
更新するのにも条件があります。
それは看護実績や研究業績などを残せているかどうかです。
条件を満たしていなければ、専門看護師の更新はできません。

 

このようにハードルが高い専門看護師ですが、需要はとても多いものです。
専門看護師はどこの病院に行っても良い待遇が得られますので、就職に困ることはまずないでしょう。
しかし病院側も欲しい時期と欲しくない時期があるので、それを見極めてから就職したいですね。

 

専門看護師の主な仕事は、看護の提供・看護職員全員での相談・保健医療福祉に関わる人たちの間に入って必要なケアを促す・看護職員に対する教育・知識や技術の向上などがあります。

 

http://xn----ny6a59atp446cn3t.com/

 

 

専門看護師の給料

ある特定の分野において卓越した技術を有している専門看護師
専門看護師はなることも大変ですが、その認定を維持することも大変と言われています。
まず認定審査を受けるにしても条件がいくつもありますし、もし認定されたとしても五年ごとに更新する必要があります。
更新は自動更新ではありません。
過去五年間に規定された看護実績、または研究業績を残していなければ更新できないのです。
ここまで大変な職なのですから、当然給料もそれに見合って高いものとなっています。
しかし思うほどアップしない場合もあります。
専門看護師になると、資格手当がつきます。
それは看護師の給料に1〜2万上乗せされるというもの。
ですので年収で考えると20万ほどしか上がらないのです。
ここまで大変な思いをしてそれだけしか上がらないのかと思いますよね。

 

ですがこの上乗せされる金額は病院によって違います。
なので高い給料を求める人は、手当がたくさんつく病院を探すといいでしょう。